英語が身に付かない日本の英語教育のカラクリ

この記事は2分で読めます

英語が身に付かない日本の英語教育のカラクリ

こんにちは、ふったです。

 

今回は、英語脳をつくるために

重要なお話をします。

 

話せる英語をマスターするには

英語脳を身につけなければなりません。

 

つまり、英語で聞き、英語で考え、英語で話す

という回路を頭に作る必要があります。

 

それ以外の方法で

英語ができるようなことは

ありませんので

 

間違った勉強法でしている人は

何年勉強してもできないのです。

 

たぶんほとんどの日本人の方が

そうだと思いますが、

 

中高生の時に最低でも計6年は

勉強していて、勉強時間もそれなりに

使っていたはずですが、

それでも英語を話せるようになってないですよね。

 

これは、普通に考えたら

おかしなことです。

 

では、なぜできるようにならないのか?

 

それは、日本人の先生が日本語で

日本語と対応するように英語を教えているからです。

 

冷静に考えてみると

英語の授業ってほとんど日本語ですよね。

 

しかも、英訳や和訳をひたすらやらされる

 

日本語で考えて、それをあたかも

パズルを解くかのように

英語を対応させているのです。

 

言語はそのようには学習しません。

 

語学習得の自然な流れ

 

ここからが、ポイントなのですが、

英語脳を作るためには

 

英語をイメージでとらえる

 

ようにしなければなりません。

 

これ日本語では普通にやっていることです。

 

例えば、

「おなかすいた~」という言葉を聞いた時に

あなたの脳は

 

・今、食べたい物

・好きな食べ物

・夕食まで後、~時間だな

 

など、イメージで考えているのです。

 

そういう言葉を聞いて、

あなたもつられて「おなかすいた」と思ったり

するわけです。

 

しかし、英語となると

日本語で訳そうとしてしまっているのです。

 

例えば、

「I’m starving」

と聞いて、

「starving、うーむ、確かhungryと同じような意味だったっけ?

じゃあ、おなかすいたって言いたいのかな?」

 

みたいな感じで考えてしまっているのです。

 

ここまで長く考えなくても

日本語を対応させて考えている人がほとんどです。

 

これでは、パッと頭に入って

パッと口から英語が出てきません。

 

頭の中で訳すという処理に時間が

掛かるからです。

 

ですから、日本語と英語を別のものだと

考えて、イメージでとらえることを意識してみてください。

 

具体的なやり方はメルマガ登録時に

Speech for English Mind というレポートを

プレゼントしているので、そちらをご参考にしてみてください!

Speech for English Mind

 

それでは、本日も最後までお読みいただき、

うごありがとざいました。

 

ふった

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【※※閲覧注意※※】

【外国人が増えているのに
英語が話せるようにならず焦ってる!?】

⇓ ⇓ ⇓

Speech for English Mind

 

◆ふったとLINE友達になるにはコチラ⇓

⇒ ふったLINE (2クリックで登録できます!)

英語や留学についての質問や相談などを受け付けています。

友だち追加

◆ふったのフェイスブックはコチラ↓

⇒ ふったフェイスブック (友達&フォロー大歓迎です!)
https://www.facebook.com/yuki.fujita.50

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。