YOLOを意識して、やりたいことは全てやること!

この記事は3分で読めます

 

ランキングボタンに毎日ぽちっとお願いします♪

よりたくさんの方に読んでもらえれば、私としても

発信する甲斐があります!

 

 

どうも、ふったです。

 

 

あなたは、今までの人生の中で

 

『これしたいなぁ~』

『あれできるようになりたいなぁ~』

 

と思いつつも現実的に難しいかも

と思って躊躇したことはありませんか?

 

 

いつも英語や留学に絡めてばかりですが、

 

例えば、

『留学したいなぁ~、

でも状況的に難しいかも・・・』

 

『英語話せるようになりたいなぁ~、

でも今から初めても遅いんじゃ・・・』

 

 

など、一度は、

『何かしたい!できるようになりたい!』

 

と思っても躊躇して、一歩を踏み出せなかった

経験があるのではないかと思います。

 

 

 

私も以前は、結構そういうことがありました。

 

 

でも、”あること”を意識してから、

自分がこれからやることに対して、躊躇したり

やらずに後で後悔することは大きく減りました。

 

そして、以前にも増して

今は、ドンドン新しいことややりたいことに

チャレンジしています。

 

 

では、その意識していることは何か?

 

 

 

『YOLO』

 

です!

 

YOLOって聞いたことありますか?

 

 

『You Only Live Once』

 

の頭文字を取った言葉で、

海外のドラマや映画などでも

よく使われます。

 

 

意味は、

 

『人生は、一度きり!』

 

という意味です。

 

 

そう。

 

私たちは、たった一度しかない

人生を生きています。

 

 

一度しかない中で

 

『上手くいくかわからない・・・』

 

『何が正解かわからない・・・』

 

『だからこそ、行動することに

躊躇してしまう・・・』

 

 

という気持ちもわかりますが、

 

正解なんて誰にもわからないですし、

上手くいくかなんて誰にもわかりません。

 

 

そういうアドベンチャーな世界で

私たちは生きているんだと

私は考えています。

 

 

少なくても、

やってみなければ、壁にはぶつからないし、

自分に足りないものもわかりません。

 

 

やってみて、初めて気づいて、

成長することができるのだと思います。

 

 

だから、私はある程度は考えて

行動に移しますが、考えてもよくわからない時は

 

“とりあえず、やってみます!”

 

 

この、”とりあえず、やってみる”

という考え方は、とても大事だと

考えています。

 

 

やってもないのに、頭だけでいくら

妄想してもフィードバックは返ってきません。

 

 

でも、とりあえず、やってみれば、

何かしらの『結果』は必ず返ってきます。

 

 

上手くいくこともあれば、

いかないことも当然あります。

 

 

でも、少なくてもそこで学んで

次どうすれば良いかを考える材料には

なります。

 

 

成功か、失敗か

なんていうのは、短期的に見るか

長期的に見るか、視点の違いで変わります。

 

 

生き続けている限りは、

うまく行かなくても、『結果』がわかっただけで、

そこから学んで、次につなげればいいや

と私は考えています。

 

 

だから、まずは躊躇せずに

 

『とりあえず、やってみる!

だって、YOLOだもん!』

 

と思って、いろんなことにチャレンジしています。

 

 

 

 

今日は、『YOLO』という

英語の言葉をご紹介しようと思ったのですが、

書いているうちに、私の考え方、生き方の

話になってしまいましたね(;´・ω・)

 

 

でも、このブログを見ているあなたは、

少なからず、

 

『将来は海外にチャレンジしたい!』

『英語を話せるようになりたい!』

 

と考えていると思うので、

 

ぜひ、参考にして、

自分の本当の気持ちに素直になって

行動するようにしてみてくださいね。

 

 

 

それでは、本日も最後までお読みいただき

ありがとうございました。

 

 

この記事がいいね!と思ったら

ランキングにクリック&SNS共有をお願いします!

 

 

 

ふった

——————————-

【※※閲覧注意※※】

【外国人が増えているのに
英語が話せるようにならず焦ってる!?】

⇓ ⇓ ⇓

Speech for English Mind

yolo

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。