オーストラリアの文化!?BYO

この記事は2分で読めます

 

ランキングボタンに毎日ぽちっとお願いします♪

よりたくさんの方に読んでもらえれば、私としても

発信する甲斐があります!

 

 

どうも、ふったです。

 

 

いきなりですが、

 

『BYO』

 

の意味、ご存じですか?

 

 

オーストラリアに留学や旅行に行かれたことが

ある方なら見たことあるかもしれませんね。

 

レストランの表のボードなどに

よくこの『BYO』という文字が書いてあります。

 

 

オーストラリアに行って、

最初の頃はよく意味がわからなかったのですが、

これは、

 

『Bring Your Own』

 

の略で、

『自分のお酒は自分で持ってきてください』

という意味です。

 

 

オーストラリアのレストランでは、

アルコール類を扱う(お客にお酒を出す)

ライセンスの取得が厳しかったため、

 

いちいちライセンスを取らずとも、

客が自分で好きなお酒を持ち込んで、

楽しく飲みながら食事ができたらいいじゃん

ということでできたシステムらしいです。

 

 

なんだか、オーストラリアらしいですね。

 

 

私もよく友達とレストランに食べに行ったり

していましたが、自分達でボトルショップで

買って持ち込めるので、好きなお酒を飲めるし、

安上がりなので、いいシステムだなと思いました。

 

 

日本では、BYO見たことないのですが

あったらいいなと思ってます。

 

 

 

以前、アメリカに4年留学していた

友達にBYOについて聞いても知らなかったので、

おそらく、アメリカにも無いのだと思います。

 

 

アメリカに行っていた方で、知っていれば

ぜひ、コメントで教えてくださいね。

 

 

 

ということで、

これから、オーストラリアに留学や旅行に

行った際には、『BYO』見つけてみてください。

 

これもオーストラリアの文化だと思うので

そういう『違い』を知るのって

楽しいですよね。

 

 

ただ、BYOが書いてあるお店では、

お酒が出されないこともあるので

注意してくださいね。

 

 

 

それでは、本日も最後までお読みいただき

ありがとうございました。

 

 

この記事がいいね!と思ったら

ランキングにクリック&SNS共有をお願いします!

 

 

 

ふった

——————————-

【※※閲覧注意※※】

【外国人が増えているのに
英語が話せるようにならず焦ってる!?】

⇓ ⇓ ⇓

Speech for English Mind

bring-your-own2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。