トランプ氏、反グローバリズム?英語学習は必要か

この記事は3分で読めます

どうも、ふったです。

 

 

昨日は、アメリカ大統領選について

触れながら、海外ニュースに敏感になることが

英語学習の意識を高めるために大事ですよ!

というお話をしました。

 

今日の海外ニュースは

少しでも確認していただけたかと

思います。

 

 

アメリカ大統領選を終えて、

蓋をあけてみたら、トランプ氏の

圧勝でしたね。

 

それだけ、潜在的に眠っていた

アメリカ国民の現状に対する不満や怒りが

深かったということが

顕在化した選挙だったと思います。

 

 

さて、来年の1月20日に

正式にトランプ氏が第45代大統領として

就任するようですが、

 

国内外の反トランプ氏の人たちが

不安にしていることとして

 

トランプ氏の

『反グローバリズム、反自由貿易主義』

 

という主張があります。

 

 

今、英語学習をしているあなたは、

 

『今後さらにグローバル化が進んで、

英語が必須になる時が来る!』

 

と考えているかもしれません。

 

 

それなのに世界のリーダー国である

アメリカが反グローバリズム、反自由貿易

では少し不安ですよね?

 

 

しかし、結論から言うと

グローバル化が今後縮小することは

まずありえません。

 

 

トランプ氏が支持を得ていた

中流階級以下の白人たちは、

 

グローバル化や移民によって

職を失ったりして、アメリカ政府に対して

不満や怒りがあった方が多いです。

 

 

そういう人達の支持を集めるために

反グローバリズム、反自由貿易ということを

主張していましたが、

 

現実的にグローバル化が収まることはないです。

 

 

その理由の一つがインターネットです。

 

インターネット上のほとんどの情報は

英語ですし、外国人同士のコミュニケーションも

基本的には英語で行われます。

 

 

例えば、

Youtubeなどで日本人がアップしている動画に

外国人が英語でコメントしているのを

見たことありませんか?

 

当たり前ですが、ネット上の情報は、

規制されない限り、世界中で見られますので

そこでのやりとりは基本英語です。

 

 

つまり、仮に自由貿易などが

できなくなったとしても

 

インターネットがある限り

世界中で情報のやりとりは発生し、

その主要言語は英語ですから、

 

グローバル化が縮小したり

英語の必要性がなくなったりすることは

まずありえないと断言できます!

 

 

今、高いモチベーションを持って

英語学習に励んでいる方は、

 

変動する情報などに惑わされず、

今やるべき学習に集中するように

してくださいね。

 

 

英語ができるようになれば、

これからできることの幅が

大きく広がるので、

 

毎日、少しずつでも

着実に学習していってください。

 

その中で、

私のブログや無料メルマガ講座を

有効に利用していただければと思います。

 

 

それでは、本日も最後までお読みいただき

ありがとうございました。

 

 

この記事がいいな!と思ったら

下記のSNSロゴよりあなたがお使いの

媒体から共有をお願いします♪

 

 

ふった

 

——————————-

【※※閲覧注意※※】

【外国人が増えているのに
英語が話せるようにならず焦ってる!?】

⇓ ⇓ ⇓

Speech for English Mind

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。