頭の良し悪しは関係ない

この記事は2分で読めます


どうも、ふったです!

 

今回は、英語の習得は

頭の良し悪しや学校での

英語の成績とは関係ない

 

ということについてお話します。

 

あなたは、

 

学校で英語の成績は悪かった・・・

勉強に自信がない・・・

自分が本当に留学して英語が

話せるようになるのか・・・

 

と不安かもしれません。

 

しかし、そんなのは全く関係ありません。

 

その証拠に

今、私たちは日本語を話せるではないですか。

 

「どういうこと?」

 

と思われたかと思いますが、

日本語に限らず、どんなに勉強ができない人でも

自分の母国語は話せますよね

 

でも、なぜ母語国語は話せるのでしょうか。

 

ネイティブだから?

その国で生まれたから?

 

違います。

 

そこで生きるために

必要不可欠だからです。

 

人の脳はどんな人でも

覚えたり、暗記したりするのが嫌いです。

 

不要なものは覚えたくないので

とても苦痛に感じます。

 

しかし、生きるために必要であれば

全力で覚えようとします

 

人間の脳にとって一番大事なことは

生命の維持だからです。

 

英語を本気で習得したい

と思ったら、これを逆に利用すれば良いのです。

 

そのために必要なのが

 

環境」です。

 

究極的なことを言ってしまうと

全てのことを英語でやらざるをえない環境で

 

日本語を使うことが一回もない

くらいどっぷり浸かってしまえば

嫌でもできるようになります。

 

できるようにならなければ

そこで生きていけないため

 

脳が勝手に必死になって

覚えようとしてくれます。

 

もちろん、

これはとても辛いことだと思うので

 

留学中は頑張るところと楽しむところ

うまくバランスとることも大事です。

 

ですが、環境さえ整ってしまえば

言語の習得は難しくないということは

理解していただけたかと思います。

 

ですから、留学中は常に

 

今自分は英語ができなきゃ生きられない

環境にいるか

 

を意識してみてください。

 

常にそんな環境を作ることは難しいと

思いますが、意識するということが重要です。

 

それでは、本日も最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 

次回もお楽しみに!

 

 

ふった

cimg0630

私は、3年半の留学中19歳から22歳まで

4回の誕生日をオーストラリアで過ごしました。

 

家の日本人のオーナーさんが毎年私の好きな

マンゴーケーキを買ってきてくれましたv

懐かしい。オーナーさんもみんなも元気かなー

——————————-

『英語脳』育成教材無料配布中!!

Speech for English Mind

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。