聞く英単語、話す英単語

この記事は2分で読めます


こんにちは、ふったです。

 

今回は、「英単語はなんでもかんでも

覚えようとしてはいけない」という

お話をします。

 

語彙力(ボキャブラ)をつけるために

単語を片っ端から覚えまくろうとする人が

たまにいます。

 

しかし、そういう人は

なかなか英語が伸びません。

 

ちなみに私も最初はそういう人でした。

 

英文を読んでいて、わからない単語が

出てきたら全てメモして自分の単語帳を

作って、全て覚えようとしていました。

 

でもこれは、労力は掛かるわりに

結果的にあまり良い方法ではない

という結論に至りました。

 

「語彙力はあった方がいいんじゃないの?」

そう思われたかと思います。

 

その通りです。

語彙力はあるに越したことはありません。

 

ただ、目的を明確にしないまま

闇雲に英単語を覚えても学習効率は

かなり悪いです。

 

なぜなら、

 

今日おぼえたその単語、本当に使うの?

ということになるからです。

 

例えば、

「cortex」という英単語がありますが、

これは脳などの皮質のことを言います。

 

さて、

脳の皮質ってなんでしょうか?

 

日本語でもよくわからないですよね。

 

そっちの専門に行くなら

必要な単語だとは思いますが、

一般的に知らなくて大丈夫な単語です。

 

こういう単語は、

前にお話したように文脈から推測して

話全体を理解できれば良い類の単語です。

 

「なんか聞いたことある」

くらいで十分な単語なのです。

 

実際に日本語の単語もこういう

よくはわからないけど、

なんとなく使ってる、聞いたことある

っていう単語ありますよね。

 

英語を学習する目的が

海外旅行した時に日常の会話ができたり、

学校の授業で話している内容が理解できたり、

海外で仕事をすることでしたら、

 

重要なのは、基本的な単語です。

 

文章を読んでいて、よく出てくる単語、

一般常識的な単語です。

 

ですから、無駄に使いもしない単語を

闇雲に覚えるのはやめてください。

 

それよりは、たくさん読んで、

 

「あれ、この単語この間も見たな」

 

っていう単語を積極的にメモして

覚えるようにしてください。

 

そうすると英語を学習する上で

負担がぐっと少なくなるはずです。

 

ふった

181086_1693812638704_5511516_n

語学学校時代のクラスメイトと先生


——————————-

『英語脳』育成教材無料配布中!!

Speech for English Mind

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。