単語や文法は知ってるのにネイティブの英語が聞き取れない本当の理由

この記事は2分で読めます


どうも、ふったです。

 

今回は、

単語や文法は知っているのに

なぜ英語が聞き取れないのかについて

お話します。

 

これを意識せずに何時間勉強しても

一向に英語を聞き取れるようには

ならないでしょう。

 

それくらい今回話すことは、

リスニングやスピーキングにとって

重要なことです。

 

私がこれを理解したときに思ったのですが

なぜ日本の授業では教えてくれないのか

本当に不思議でなりません。

 

とても基礎的なことなのに

ほとんどの人が理解しておらず

英語が聞き取れるようにならず

苦労しているのです。

 

あなたには、英語を習得するのに

無駄に時間を使ってほしくない

思いますので、ここでお話します。

 

 

まず、リスニング力は単純に

英単語や文法をたくさん知っているから

わかるというものではありません。

 

その音がどの単語の意味なのかを

聞き取れなければ

当然理解はできないのです。

 

では、なぜ英語を聞き取れないのでしょうか?

 

そのポイントは、

 

『音と音のつながり』

を理解してないからです。

 

例えば、

「take him」

という英語があります。

 

おそらく、日本人は

「テイク・ヒム」

と発音するのが一般的だと思いますが、

ネイティブはそのように発音しません。

 

「テイキム」

のように発音します。

 

つまり、ネイティブの発音では

himのhの音が消えているのです。

 

これは、あくまで一部を例として紹介しましたが、

このように音のつながりで消える音は無数に存在します。

 

これを意識して学習してない人は

いくら単語を知っていたとしても

ここでtakeとhimの2つの単語で構成

されているにも関わらず、

 

「テイキム」という1つの聞いたことのない

単語に聞こえてしまうのです。

 

こうした英語特有の音音のつながり

意識せずに勉強している人が大多数なので

聞き取れずにリスニングで

つまずいてしまうのです。

 

冒頭でも言いましたが、

こういうことは、日本の英語教育では

教えられません。

 

英語の教師ですら知らないか

意識していないでしょう。

 

しかし、英語ができる人は

このような音のつながりをしっかりと

把握しています。

 

話すときも同様に音のつながりを

意識すれば、よりネイティブに近い

発音になります。

 

なかなかすぐにできるようには

ならないと思いますが、

普段からこの音のつながりを意識して

学習をすすめていってくださいね。

 

 

ふった

p1000578

ブルーマウンテンの有名な

スリーシスターズという岩

 

私が留学中、唯一観光に行ったのが、

このブルーマウンテンです!

 

留学中は、引きこもって勉強ばかりでした(笑)

あなたが、もし留学する場合は、

勉強と観光両立してみてくださいね!


——————————-

『英語脳』育成教材無料配布中!!

Speech for English Mind

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。