リスニング力を大幅アップさせる必要不可欠なスキルとは?

この記事は3分で読めます


どうも、ふったです。

 

今回は、リスニング力を大幅にアップ

させるために必要不可欠で英語を習得する

過程で必須になるスキルについてご紹介します。

 

これは、日英バイリンガルは

1人の例外なく、身に着けるスキルですが

日本の英語教育ではまず教わらないので

ここでお話します。

 

これから、語学留学を考えているあなたも

これをあらかじめ知っていれば、周りの

留学生よりも一歩も二歩も先に進むことができるでしょう。

 

逆に知らないで、留学するとしたら

他の学生と変わらずに

3か月で1つクラスが上がる

くらいのスピード感でしょう。

 

知らなくても結果的に身に着いては行きますが、

貴重な留学期間を有意義に過ごすためにも

今、知っておいて損はないと思います。

 

では、そのスキルとは何なのか。

 

ずばり、

推測力」です。

 

今、あなたは一瞬

 

「ん????

リスニング力とどういう関係があるんだ?」

と思ったかと思います。

 

では、質問をします。

そもそも、リスニング力とは何でしょうか。

 

それは、話している内容を聞いて

理解する力ですよね。

 

英語を使う機会が多くなってくると

・知らない単語を文脈から理解する

・相手が話している全体的な内容が何かを理解する

 

力が必要になります。

 

知らない単語がないに越したことありませんが

全て知っている状態にするのは難しいですよね。

 

私たちの母国語である日本語でも

知らない単語って結構ありますよね。

 

全ての単語を知っている必要はありませんが

知らない単語が出てきても『推測』して

理解はできる必要はあります。

 

また、少し上級になったら

単純に英単語や文法のレベルではなく、

話の内容の知識が不足している場合でも

その話を推測してある程度理解できる力が必要です。

 

少し、難しいなと感じるかもしれませんが

普段日本語では普通にやっていることです。

 

ですから、「推測力」が

英語を習得する上で必要なスキルである

ということが分かっていただけたと思います。

 

では、実際にその能力をどう身に着ければ

良いのか気になると思います。

 

「推測力」をつけるには

わからない単語などが出てきても気にせず

 

【全体として何を言っているのか】

 

を理解することに意識を向けることです。

 

これは、リスニングがあまり

得意でない人がやりがちなのですが

一つわからない単語やフレーズが出てきたら

そこで立ち止まってしまって

 

思い出そうとしてしまったりしますが

そうしているうちに話はどんどん進んでいきます。

 

単語が何個かわからなくても

全体としてどんな話をしているのかを

捉えるトレーニングをしてみてください。

 

「それで大丈夫なのか?」

 

と思われるかもしれませんが、大丈夫です。

 

細かいところにとらわれるのではなく、

全体的な内容を理解することを意識してください。

 

そして、少しずつ単語やフレーズを

身に着けていけば全体的な話から

細かいところまで理解できるようになっていきます

 

まずは、全体を抑えてください。

 

これが、英語を日本語でではなく、

イメージで理解する『英語脳』の習得にもつながります。

 

ぜひ、

これから、リスニングの学習をする時などは

『全体像を捉える』ということを意識して

進めてみてくださいね。

 

 

それでは、本日も最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 

 

ふった

cimg0759

cimg0760私が通っていたマッコーリー大学の駅と近代的な図書館。

マッコーリー大学は、シティーから少し離れた

ところにあるため、大学の敷地内に大学の駅があります!


——————————-

『英語脳』育成教材無料配布中!!

Speech for English Mind

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。