忘れたくても忘れられない! 一発で簡単に記憶に定着する 英単語の暗記法

この記事は2分で読めます

どうも、ふったです。

 

今日は、英単語を楽しく覚え、

そして忘れにくくする方法をお話します。

 

英語は言語なので

やはり単語を知っているかどうかは

英語を習得する上でとても重要な要素になります。

 

しかし、

英単語帳を開いて、「よし、覚えよう!」

と勉強しても次の日にはほとんど忘れてしまう

という経験をしたことはないでしょうか。

 

私は、中高生時代に

英単語を日本語と対応させて

無機質に覚えようとしていたため

なかなか覚えられませんでした。

 

そして、とても苦痛でした。

 

でもそんな退屈な英単語を覚える作業を

楽しく、忘れにくくする方法があるのです。

 

それが、

 

「ストーリー性を意識する」

 

ということです。

 

つまり、英語と日本語を

一対一で対応させて覚えるのではなく、

 

「実際にその単語が使われる状況と一緒に覚えるのです」

 

少しわかりにくいですね。説明します。

 

例えば、

私たちが初めて日本語で「いす」という

単語を覚えたときはどんな覚え方をしたでしょうか。

 

おそらく、

家族が実際にいすを指さして

これは「いす」

と教えてくれたと思います。

 

もしくは普段の生活の中で

自然に周りの人が使っている単語を

推測して自然と覚えたと思います。

 

少なくても

何か他の言語から訳して覚えてないですよね。

 

実際の生活の中で

覚えた単語は簡単には忘れにくくなります。

 

それは、その単語が使われた状況とセットで覚えているから

記憶に残りやすいのです。

 

私はこれを

 

「ストーリー性」

 

と呼んでいます。

 

ただ、

 

「単語を覚えるのに時間が掛かりそうだし、非効率なのではないか」

「生活の中で覚えられるような環境ではないよ」

 

と思われるかと思います。

 

確かにそうですね、全ての単語をこのやり方で

覚えるのは効率的ではありませんね。

 

基本的な「中学レベル」の英語は

単語帳でさっと覚えてしまった方が早いと思います。

 

ただ、重要なポイントは

ストーリーの中で覚えた単語は

一発で記憶に定着し、忘れにくいということです。

 

何度も単語帳とにらめっこして

暗記するのとは質が違います。

 

ですから、このストーリー性が大事だということを

常に頭の隅に置いておいてください。

 

特に難しくて、覚えにくい単語を覚える時や

普段の会話でよく使うフレーズを覚える時に使えます。

 

また、今、海外にいないという

あなたでもできることがあります。

 

それが、

洋画やドラマを英語の字幕にして

出てきた単語や表現を

 

「こういう状況では、こんな単語を使うのか~」

「こういう時は、こんな表現をするのか~」

 

と学習する方法です。

 

これも全てやろうとしたら、

とても大変だと思いますが

 

もしあなたが洋画好きで、普段からよく見ているなら

 

一度日本語で見たことがあり

内容がわかっているものを選んで

 

上記のように学習していくと

楽しんでできると思います。

 

ぜひ、「ストーリー性」を意識して

試しにやってみてください。

 

ふった

p1000387 p1000388 p1000386

オーストラリアに着いて、1週間後に行った

ウーロンゴンの綺麗なビーチ。


——————————-

『英語脳』育成教材無料配布中!!

Speech for English Mind

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。